WEBマーケティング

WEB上でのマーケティング活動は、今や欠かすことのできない重要な役割を担っています。
WEBマーケティングの領域は非常に広く、
自社の情報や商品・サービスの情報を効果的に伝えるホームページ作り、
バナー広告の出稿、企業や商品・サービスのWEB上での評価の収集などその活動は多岐にわたります。

新規顧客の獲得、ブランドイメージ確立、リピーター創出などに高い効果を発揮し、
そのプランニング次第では、
その他のメディアを使ったプランニングよりも
低コストで同様もしくはそれ以上の効果を得ることが可能となります。
また時代の流れに敏感であることも特徴として挙げられ、
常に最新の手法が生み出されています。

SEO

Search Engine Optimizationの略で、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンにおける検索結果のページ表示順を上位にすることを目的に、HP内やWEB上で様々な工夫を行うことやその技術を指します。
上位表示による自社や自社の商品・サービスのブランディングや、無駄なくアクセスさせることによる新規顧客の獲得増大などが期待できます。

リスティング

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンの検索結果のページに、有料でテキスト広告を表示するサービスです。
利用者が特定の「キーワード」をあらかじめ登録することで、その「キーワード」で検索が実行されたときに任意のテキスト広告を表示することが出来ます。料金の課金は、そのテキスト広告がクリックしたした際に発生します。
この課金と表示順序はサービスごとに複雑なアルゴリズムにより決められており、単純に高額で設定したからと言って上位に表示されるわけでありません。

LPO

Landing Page Optimizationの略でWebサイトで訪問者が検索サイトから最初に訪れるページ(LP:ランディングページ)を、訪問者が入力したキーワードに最適化することで、訪問者のサイト滞在時間を延ばしたり、また最終的なアクション(問い合わせや入会など)を期待するページへの移動をさせるなどの工夫を行うことを指します。
直帰率や離脱離を減らし最終的なアクションを向上させる効果があります。

アフィリエイト

Webサイトやメールマガジンなどが企業サイトへリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して当該企業のサイトで会員登録したり商品を購入した際に、リンク元サイトの運営者に報酬が支払われるという広告手法です。アフィリエイターと呼ばれるWEB上のセールスパーソンとのパートナーシッププログラムです。CPAを事前に決定できるため予算管理がし易い特徴があります。

SMO

Social Media Optimizationの略で、ブログや掲示板、twitter、facebook、Instagramといったソーシャルメディアでの認知や評判を高め、自社サイトへのアクセスや評価を高めることや商品・サービスの購入拡大・利用拡大を促すことを指します。
ソーシャルメディアでのコミュニケーションや情報発信は年を追うごとに爆発的に増えており、そこでのサイトや商品・サービスの評判や存在感が企業活動に大きな影響を与えるようになっています。

ソーシャルリスニング

ブログや掲示板、twitter、facebook、Instagramなどのソーシャルメディア上にある生活者の声に焦点を当て、リアルタイムでウェブ発信やSNSの書き込みを収集し分析するマーケティング手法です。これにより、消費トレンドの類推、商品・サービスに対する評判、消費者が持つブランドイメージ構造、自社に対する批判や中傷、などが明らかになります。
また各種プロモーションを実施した際の検証としても利用されることもあります。

WEB危機管理

WEB上での企業、ブランド、従業員に関する誹謗中傷や風評被害をキーワード削除、掲示板削除、記事削除、逆SEO等の手法により最小限に抑え、同時にポジティブイメージを構築することで信頼やイメージの回復を図ります。
誹謗中傷や風教被害が企業活動や社内活性化の妨げになる事が多くなっており、業績に大きな被害を生じさせることもあります。